ブログBlog

コラム|掘り出し物

恋愛格差を感じてがっかりして、夢や希望を失う必要はない。

・容姿
・経済力
・年齢
・ファッションセンス(?)

こんな見てくればかりに気を取られて、あまり卑屈にならないように。
「女性どうせ金目当て」とか「男は外見を重視する」とかっていうワードをちらほら耳にしますけど、こんな風に最初から決めつけてしまうのは、心がおブスな証拠です。
勝負する前から、弱音を吐いたらダメなんです。
「そこで試合終了」ってやつですね。

お金がまったくなくったって、モテる人はモテるのだ。

世の中のヒモ男を見習ってみよう。
ヒモ男と聞くと、なんとなくマイナスなイメージが浮かんできませんか。
女に依存して、口がうまくて、利用して、貢がせて…
まるで女をダメにする生き物かのうように見られていますよね。

でも、そうではない。
ヒモ男たちは女性達に幸せを与えているのです。
金無し、学歴なし、たとえ容姿が微妙でも、恋愛格差があるはずなのに、なぜか女が寄ってくる。
なぜか女が離れない。

その決定的な理由は次の通り。
どれだけ相手を幸せにできるか、気持ちよくしてあげられるか。
なんですよね。
その代償が「モテ」に繋がっているわけなんです。
良い意味で例えるなら、ペットみたいな感じですかね。
ヒモ男のように、女に貢がれるのには理由がある。
容姿端麗でなくとも、他を磨けば、雰囲気イケメンにだってなれるんです。
人から好かれるのには必ずワケがあるんですよ。

「幸せになりたい」とか「幸せにしてほしい」とかって自分のことばっかり考えて、欲しがってばかりいちゃだめなんです。

これ、復縁を考える人にもいえるかも。
振られる理由のほとんどは知らず知らずのうちに自分本位で行動してしまったからなんですよね。
反省しても、根底の部分が改善されないと、復縁はとっても難しいんですよ。
復縁を考えている人には、是非修行をしてほしい。

自分磨きの修行です。
仕事も恋も人間関係も、ある程度の努力は必要。
「あれがない、これがない」とないものねだりは厳禁です。

恋愛格差というのは恋愛に逃げてる人が使う言葉だと思う。
努力しない人の言い訳の代名詞になっていると思う。
魅力は自分で作り出せるもの。
気遣いと優しさと忍耐力と思いやりと愛。あとは少しの自信です。
自信を持つと、不思議と人は魅力的に見えるんですよね。
その自信が魅力が魅力に変わる。そしてそれが個性となる。

それをわかってくれる人が現れる。
いつか出会うその人の、もう一度会いたいあの人の、掘り出しものになれるよう・・・
修行する日々を送るっていうのも、いい考えだと思いませんか?

Miyuki