ブログBlog

コラム|恋愛が出来ない人達

今は探偵をしていますが私の前職は結婚相談所のカウンセラーでした。
そこにはそれぞれの理由はありますが結婚したくても出来ない人が集まってくる所でした。
日々、彼等のお世話をしながら「恋愛格差」を感じずにはいられなかったのです。
見た目が実年齢よりも上に見えてしまう。異性とのコミュニケーションが取れない。そんな感じの人達が主でした。
たまに見た目は悪くなくそこそこの学歴で年収もありコミュニケーションも取れる人もいました。
何故そういう人が結婚相談所に?と思われることでしょう。答えはそういう人は「これでもか」というくらい
「選んでる」からなのです。これも恋愛が出来ない人の典型ですね。
時々、担当していた会員様が「モテる人はモテるんだよね世の中不公平だね」と言っていたのです。
40代や50代で一度も異性と付き合ったことがない。それでご両親は歳を取る何とかせねばという感じです。
普通に恋愛できる人には結婚相談所などは一切必要はありません。出来ない人は決して安いとは言えない金額を
お支払いしてお相手を探すわけですからこの段階で「格差」ですよね。

そうは言ったものの私が担当した会員様の中に素敵だなと思う人もいました。
笑顔もよく趣味も幅広く年収もそこそこあるし普通にコミュニケーションも取れる。全然普通に付き合える感じの人です。
こういう人はただ出会いがなかっただけで何の問題もありません。
やはり世の中の「モテる」人達がいいとこ取りしてしまい、そういう人達の恋愛運を吸い取ってしまい不平等が生じて
その後に「恋愛格差」となるのでしょう。
かくいう私もモテる人は本当に羨ましく思うのです。男が絶えずいる女が身近にいましたが彼女は決して「美人」
ではありませんでした。「女に嫌われる女」のタイプでした。平気で二股、時には三股をかけたりしていました。
何故かそういう女は男にはモテるんですよね。。これもまた納得いきませんが「格差」になってくるのでしょうね。
もしかしたら「ひがみ?」と思いハッとしてしまいました!

私達探偵がよく目にする不倫している人達も結婚していながらそれとは別の異性がいるわけです。
結婚相談所に来る人に一人差し上げてもらえませんか?とつい言いたくなってしまうのです。
どうせ「二頭追うものは一頭も得ない」のですから潔くそうしてほしいものです。
「不倫や二股、三股をなくし一人に一人づつお相手を」これ今回思ったスローガン?です。
それが出来れば誰も苦労なくいられるのに。。というモテぬ私の願望だったりします。
「恋愛格差」をなくす。この改革をどなたか政治家の先生がやってくれないかな。。やはりそれには○尾○○里か○井○○子かな。。
なんて悪い冗談でした!
                                              Runa