ブログBlog

コラム|女目線の復縁あれこれ

◼︎元カレに会いたいと思うとき。
女目線のお話です。
ガールズトークで挙がるネタより、いくつかお伝えしたいと思います。
元カレが振られたパターンとして、読み進めてください。
元カレと会いたくなるときって、別れ際が男らしかったかどうかが、鍵を握っていますね。
その男らしさが何なのかっていうと、まとめますと以下のような項目。

・しつこくすがって来なかったか。
電話やメールの嵐は厳禁。
・自宅に押しかけて来なかったか。
・共通の知人に相談を持ちかけなかったか、巻き込まなかったか。
・警察沙汰にならなかったか。

全部「NO」なら、「別れ際が男らしかった」ってことになります。
一番目のしつこくすがらなかったかに集約されるんですけど…
本当にこれが大切。重要。
相手が自分にまだ好意があるかどうかなんて、言葉にしなくたって伝わってくるもの。
それを敢えて抑えるのか。
それとも行動に移してくるのか。
女性はシビアに監視してます。
前者なら、元カレを見直す。
男気ある人と付き合っていたんだなあ。って。
後者なら、その逆ですね。
女々しい男と付き合っていたんだと、悪いイメージがこびりついてしまいます。
負の感情になってしまえば、元カレのこと思い出したくなくなるんです。
復縁を目指すなら、別れ際の行動はすごく大切。
要は、相手の気持ちを重要視するか、自分の感情を優先させるかということなんですけど、自分本位でいけば、当然、良い結果は生まれません。
振られたときこそ、冷静でいる必要があるんですよね。

◼︎元カノに会いたいと思うとき。
あるある話として、ささやかれる、王道ネタです。お伝えします。
よく、女性は上書き保存をする、男性は名前をつけ保存をするって言われますが、まったくその通りですね。
男性は元カノからの連絡に応じることが多い。
そんなことない!
あいつ(元カノ)とは二度と連絡を取りたくたい!って方もいるとは思いますが、これはあくまでも傾向ってことで読み流してください。
男性は元カノから誘われたら、
「会ってあげてもいいかな?」
って方が多いです。
男女の関係あるなしに関わらずです。
良い思い出として、保存されているからでしょうか。
過去の女=自分が好きだった女=女性から誘われたら断れない=断れば、元カレである自分を否定しすることにもなる=女性に求められたらなあなあにする。
焼け木杭に火がつくパターンもたくさんありますね。
でも、何年か越しの再会となると、そこから不倫関係に発展することも。
男性は元カノ一人一人を、過去大切な女性としてみている傾向があります。
逆にそれがトラブルの元となることもあるのです。

過去の恋愛を復活させたり、今より上回るものとさせるためには、やっぱりちょっとしたスパイスが必要。
当事者ではなかなかできないこともありますから、きっかけの作り方は私達に相談してください。

Miyuki