ブログBlog

コラム|クリスマスプレゼント事情

クリスマスシーズンが近づくに連れ、そわそわしてしまう恋人達。

「今年は◯◯が欲しいなあ」とおねだりする人もいれば、
「あなたがいれば他に何も求めない」という謙遜派もいる。
節約のために何も買わないと取り決めているカップルもいるとか。

そうはいっても一大イベントということで、こっそりプレゼントの予約を済ませる人も多いのでは。

気持ちだけ嬉しいはずの贈り物。
それなのに・・失敗談、ハプニングは意外と多い。
地雷をふめば、別れに発展する可能性もあるわけで、十分注意していただきたい。

☆失敗談に繋がるNG3大サプライズプレゼントをご紹介☆

①毎日身につけるもの
②手作りのもの
③ケチ具合が垣間みえてしまうもの

まずは①から。
毎日身につけるものの定番プレゼントといえば、アクセサリー、時計、財布などの小物。
これは、恋人と一緒に選びに行った方が失敗がなくて無難。
小物とはいえ、割と高価なものが多く、センスも問われる。

こっそり買ったものの、気に入ってもらえなければ、両者ともに気まずい空気となってしまう。
受け取った側が作り笑いをして喜んでくれたところから悲劇は始まるのです。
もらった方は気を遣って、嫌々ネックレスを着ける日々地獄の日々。
これが別れへの第一歩となってしまうこともあるのです。。

②手作りのもの。

これぞラスボス。手編みのマフラー。
「このご時世、それはないでしょ。」とはあまりいえない。
ハンドメイド大ブームの昨今、全然あり得るプレゼントなのです。
クオリティーの高いものもあればマフラーでもニット帽でも手袋でも良いのですが…そうでなければ危険です。。。
手作りを重視するなら、できるだけ無難なものがいいですね。
キャンドル、ブックカバーなど、雑貨系が良さそうです。

最後に、③ケチ具合が垣間みえてしまうもの。

中途半端なことは絶対にしてはいけない。
高価なブランド物はちょっと買えない。
それならそれでまったくもって問題ない。
それなのに、代用品として偽物ブランドを購入したり、自分のお古のブランド物をプレゼントする人がいるらしい。。。
絶対にやめましょう。そこに愛は感じません。
むしろ、愛の薄っぺらさを目のあたりにしてしまうだけです。

クリスマスプレゼント。
贈る側、受け取る側の人間性が問われるイベントかもしれませんね。
お金がないなら無難なものを。
贈る気がないなら事前の取り決めを。

別れに発展するようなまさかの事件に繋がらないよう、プレゼントは慎重に選びましょう。