ブログBlog

コラム|束縛

「大学に進学しないでほしい。」
「あそこには就職しないでほしい。」
「あの子とは付き合わないでほしい。」
「あの店には行かないでほしい。」
「一緒にいるときは携帯をみないでほしい。」
「帰ってきたら連絡してほしい。」

これまで付き合ってきた男性達に言われてきた、数々の「お願い」という名の縛り。
「そくばっきー(死語?)」と言われても仕方がないようなセリフばかり。
さだまさしよりのアレよりも可愛い?
いや、むしろ、縛るなら亭主関白と言われるくらいの方がすっきりしてていい。

過去の恋愛を否定するわけではないけど、進学、就職を反対されるのは、今思い出してもさすがに震える。
同じような経験をしている人は多かった。
別れさせ屋、復縁屋やってて、こういうエピソードは山ほど聞いている。
恋愛関係がこんな感じになってくると、された方には自然と被害者意識が生まれてしまうんです。
束縛が可愛いなーなんて、思っていられるのは最初だけ。
次第に束縛=攻撃だと思ってしまうんです。
「あ、また私の世界を狭めようとしてる」って。
男性はいろいろ言い訳する人はいるけど、本音としては、縛りたいだけなんだと思う。
「俺はこれだけやっている」
「俺はこんなに合わせているのに」っていう見返りを求めて行っている人も多い。
他には、「彼女を考えてのこと」「間違った道に進まないように助言している」とか言う人もいる。

別れさせ屋、復縁屋として、私はまるで裁判員のように、こういう話を聞いている。
彼と彼女、両者の本音を客観的に聞いて、意見するんですけど、
束縛においていうと許容範囲であるものと、そうでないものはだいだいはっきりと分かれる。
前者の場合は、丁寧に噛み砕いて、諭してあげることもありますが、どっちも間違っていないこともある。
だからといって、彼女の考えを変えようとするのは間違っている。
彼女と復縁したいのであればね。

彼氏さん、男の本音は封印してください。
彼女とよりを戻したいのであれば、彼女の言い分を聞かないとダメ。
彼女が嫌だと思っていることはやってはダメ。受け入れないとダメ。
復縁はわかり合うことではないんです。
今までの価値観で付き合ってきて失敗したんだから、それをガラッと変えていなきゃいけない。
同じことを繰り返すようなら、復縁できないし、よりを戻してもまた失敗するからね。
柔軟な頭で復縁屋工作にチャレンジしてくださいね。

私の話に戻るけど、
今もまだ元彼と付き合っていて、私が「探偵やりたい」なんていったら、全力で止められるんだろうな。
毎日業務連絡の嵐だから、一緒にいるときは100%携帯みるしね。

Miyuki