ブログBlog

コラム|好きなのにできない…女性の本音

最近会った二人の女性。
同じ悩みを抱えていた。
二人とも既婚者で、しかも新婚。
セックスレスで悩んでいた。

二人とも、夫のことは大好きだった。
でも、どうしてもセックスができないと。。

この女性の本音、実はよくあるんです。
好きなのにその気になれない。
男として見れない。
嫌いじゃないのにできない、この感覚っておかしいの?
と女の子達は悩んでいた。

男からしたらいろんな意味でOMG、ですよね。
ただ、嫌われたわけじゃないってことをわかってほしい…。
だからこそ、すっごく難しい問題なんですよね。
しかも、こう思われる男性ほど、「イイ男」が多い。
すごく優しかったり、浮気なんて一切しなかったり、マメだったり。

女性側は性欲がないんじゃなくて、夫とだからこそできないんです。
どうやら、
彼氏→夫→お父さん
という形で進化していっているいようです。

女性の本音としては、
「ずっと一緒にいたいけど、セックスレスのままはさすがに可哀想」
「いっそ、風俗とか行ってくれればいいのに…」
(逆に、自分のせいでセックスレスなのに、浮気は絶対NGという意見も)
「デリケートな問題過ぎて、こればっかりは面と向かって話し合えない」
「本音を伝えたら、誤解されて嫌われそう」

この気持ち、私は全部理解できます。
相手に申し訳なくて、でも言えなくて、気まずくて…
どうしていいかわからないんですよね。
精神的におかしいのか…と悩んでしまう人、
夫が可哀想という理由で、自ら別れを切り出してしまう女性もいます。
実際に相談を受けた夫婦の一組はしばらくして別れている。
もう一組の方は今もまだセックスレスに悩んでいる。

離婚を決めた女性は、夫を「運命の人ではなかった」と結論づけたのです。
この先もこのまま悩み続けるのが怖くなったんだとか。
心から好きになれて、セックスもできる。
そういう男性にきっとこの先いつか出会えると、そう思って離婚に踏み切ったようです。

一方、未だ夫婦生活を送っている女性は思い切って夫に相談。
夫は「それでも構わない」と、受け入れてくれたそう。
彼女は自分自身が変われる日がくると信じて、気長にいこうと決めたそうです。

女性にセックスを拒まれたとき、この話を思い出してみてください。
女性の心理はちょっと複雑で、心と身体は必ずしもつながっていません。
ストレートに受け取って落ち込むと、女性の罪悪感は増してしまいます。
それが膨らんでいくと、別れに繋がる恐れあり。
気にしないふりをしながら、男性の方から歩み寄ってあげると良いです。
「なんで?嫌いになった?」攻撃は厳禁です。

Miyuki