ブログBlog

コラム|女心と天邪鬼

ごめんね、素直じゃなくて
夢の中なら言える。

セーラームーンもこう言っていますが
本音を言えるならどれだけ楽か。
それができない、分かって欲しいのが女心ですよね。

怒っているのに「怒ってない」
本当はいやだけど「大丈夫だよ」

怒りながら「怒ってない」と言っているなら可愛い。
だけど嫌なのに「大丈夫」はめんどくせぇ!となる。

ワガママの範囲、かわいい域を越えたらダメ。
女子からすると一緒でも、男性からすると違うようです。

 

最近彼女と別れたK助の慰め会として集まった昔の職場仲間。

自他共に認める尽くす系草食男子がフラれたというからびっくり。

私達の飲み会にも来たことがあり、可愛くてとても良い子そうだったのですが…

 

話を聞いてみると、K助の元カノはいわゆる構ってちゃんだった。

その場では何も言わなくても後から「実はあれは嫌だった」と泣いたり

「そこまで言わなくても分かってよ!」と怒ったり

彼女が違う男の子と仲良くしてる話をして

K助が普通に聞いていると

「私のこと好きじゃないの」

と拗ねていたそう。

彼女曰くずっと本音を言えなくて我慢していたそうで、

別れを告げた時は他の男性に乗り換えた後だった。

彼女から別れを告げたのに、

K助が別れを受け入れると好きではなかったのかと泣いたそうです。

さらに、私達の会に行くのを禁止されていたと打ち明けました。

最近は仕事が忙しいと言ってK助と会うのは久しぶりでした。

それは嘘で、彼女に止められていたと。

私達との飲み会に来た後、仲間の一人N美が可愛いかったため焼きもちを妬いたのが原因でした。。

 

俺は女と会わなかったのに

女の本音ってなんなの?と半泣きのK助。

 

 

「その程度のワガママくらい聞きなさいよ」

私達の間で菩薩と呼ぶ程優しい旦那をもつN美。

彼女の本音もこれだったのだろう。

ヤキモチを妬いた相手だったけど、彼女とN美は仲良くなれていたかもしれない。

 

Saki