ブログBlog

コラム|指向の違いなんて

私の古くからの友人にバイセクシャルの男性がいる。
彼は昔から女の私より女子力高め。キレイな顔立ちで、女性よりモテることもしばしば。
そんな彼は私にとって、男友達というより、女友達という感覚だった。
だが、彼は元々、両性愛者ではなかった。
歴代の恋人は女性だけだったし、男性に対して特別な感情を持つこともない。
彼に変化があったのは20代の頃。後輩から好意を寄せられたことがキッカケだった。
その男性も当時は彼女がいて、ノンケだったのだが、同性である友人を好きになった。
友人は後輩の想いに応え、バイセクシャルとなった。
そして今では、数年前に出会ったイケメン彼氏と仲良く同棲中。
 
この友人のように、同性から好意を持たれたことを機に、異性愛者から両性愛者に変わった知人は何人もいる。
性的指向が変化するのも珍しいことではなく、バイセクシャルの人は増えているのかもしれない。
実際、私達が受ける工作の中には、「同性の元恋人と新しい異性の交際相手を別れさせて欲しい」というご依頼もありますから。
 
男と女、両方とも愛せるバイセクシャル。
性別関係なく恋愛できるのは素晴らしいこと。
だが、ときに不快な誤解をされてしまうこともあるのです。
例えば、バイの人は「恋愛相手を探すのに困らない」という考え方を持たれてしまうことがある。
恋愛対象の幅が広い分、選択肢が多いと思われてしまうが、そう単純なことではない。
複数の性別を好きになるという理由で、同性愛者のコミュニティから避けられることもあるのだ。
レズビアンやゲイの方の中には、バイセクシャルは「恋愛対象を選べていない段階」とみなし、敵対心を抱く人もいる。
また、バイセクシャルは浮気をするというイメージを持たれてしまうことも。
男女問わないことが、すぐに別の人と関係を持ってしまうと、悪い意味で捉えられてしまうのだ。
 
このような偏見が原因で、バイセクシャルという性的志向を隠している人もいる。
しかし、恋愛において、異性愛者・同性愛者・両性愛者だろうと、対象の性別に違いがあるだけで、根本的な部分は同じ。
恋愛対象の性別に合致しているからといって、誰でも好きになるわけではないですからね。
恋愛のカタチは様々で、良いも悪いも評価できるものではない。
セクシャリティの違いなど、問題視してはいけないことなのだ。

Akira