ブログBlog

コラム|同性愛から知る恋愛の所作

自分は女性で、好きな人も女性なんです。
こういう依頼は受けてもらえますか。
こういった問い合わせ、少なくないです。

もちろん、OKです。
恋愛は男女の関係だけではないですからね。
セクシャルマイノリティだからと言って、工作がしかけられないことは全くないです。
男女の恋愛も、同性同士の恋愛も、どれもこれもオリジナルです。
恋愛の形は千差万別、テンプレートに収まることなどありません。

ただ、大きく違うのは、自由な恋愛のはずなのに、周囲から理解が得られないということ。
最近は、カミングアウトすることで自分らしくしようしている人は増えましたが、セクシャルマイノリティの方々の悩みはつきません。

レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダー、などなど、人はどうしても分類したくなるものです。
トランスジェンダーをさらに分ければ、インターセックス(I)=性分化疾患。
アセクシュアル(A)=無性愛者(同性も異性も好きにならない)
クエスチョニング(Q) 自分の性別や性的指向に確信がもてない、または決めることに不安を感じている状態。
LGBT改めLGBTIAQとされるようです。
これらは、彼らが自分を主張できるように出来たことなので、もちろんポジティブな言葉です。
でも、彼らのことをよく知らない人は、彼らの恋愛をまるでパズルのように思っている人もいるようです。
たとえば、LGの人に対して、私の友達にはレズビアン(ゲイ)がいるよ。
というようなことです。
男女恋愛を比較すると、同性愛はあっとうてきに少数派。
母数が少ない「レズビアン」や「ゲイ」同士なら誰でも恋に落ちるというわけではないのです。

当たり前のことですが、人と人の恋愛です。
レズ同士、ゲイ同士が磁石のプラスとマイナスのように、すぐにひっつくわけではありません。
少数派だからといって、知らないうちに動物のような扱いをしていませんか。

それに。好きになった人が、異性しか恋愛対象ではないと分かっていても、気持ちは伝えたいものです。
しかし、好きな人に告白して「レズ」だから「ゲイ」だから、気が多いと思われるのは悲しいですよね。
もし、同性から告白されることがあっても、異性しか興味がない、と伝えるのは寂しいことです。
交際できなくでも、ちゃんと向き合うことが恋愛の所作だと思いますよ。
異性との恋愛もそうです。

セクシャルマイノリティだからといって、恋愛を諦めないでほしいです。
復縁工作、別れさせ工作、そして出会わせ工作、も男女間のものだけではありません。

LGBTの割合は、人口の8.0%程だそうです。
これは、左利きやAB型の人よりも多い割合となります。
こういえば、特別なことじゃないというのは分かりますよね。

kyoko