ブログBlog

コラム|キャリアウーマンの恋愛偏差値

恋愛の悩みに比べたら、仕事の悩みなんて小さなものです。
仕事は失敗したら、先輩や上司に相談すれば大抵のことはリカバリーできますよね。
そう、頑張ればどうにかなると思うのです。
でも、恋愛の失敗は、どうリカバリーしていいか分かりません。
誰かに相談しても、励ましがほとんとで、明確な答えはみえないですからね。
自分なりの試行錯誤が、結果悪化してしまうことの方が多いです。

相手への気持ちの使え方もそうです。
仕事は頑張れば成果がでますが、恋愛はそうもいきません。
「好き」をたくさん伝えたからといって、いい結果になるとは限りませんし…
小出しにして、永く続くかどうかも…判りません。
好みのタイプにグイグイ口説かれて、喜んで応えれば「軽い」と思われる。
かといって、じらせば「乗りが悪い」と引かれえる。
頑張って手料理を作っても「重い」と言われ、
空かしていれば「女子力足らん」と後ずさりされる。
相手の取説はないので、手さぐりで進むも、考えすぎるとドツボに迷い込んでしまいます。
結局は相手次第なので、過去の経験が活きるかどうかもわかりません。
当たって砕けてスッキリするのもいいのですが、それ相応の覚悟は必須です。
それに、やっぱり砕けたら、めちゃくちゃ落ち込むこと間違いなしです。
当分立ち直れないでしょう。
自分を責めまくるでしょう。
自分の言動ひとつひとつを思い出しては、へこむ日々を過ごすでしょう。
いつものメイクも上手くのらず、踏んだり蹴ったりです。
そんなとき、少しでも気を紛らわせてくれるのは、やはり仕事だったりするのです。

例えば、見た目も綺麗で魅力的、仕事もバリバリこなすキャリアウーマン。
どうみても百戦錬磨としか思えない女性が「恋愛偏差値ひくいんです」とエフに掛け込むこと、、正直多いです。
やはり、仕事と恋愛は違うのだと思います。
そのアンバランスさが武器なんですけど、ご本人からすれば最大のウィークポイントなのでしょう。

でもこれは、どの女性にも言えることです。
仕事や勉強は積み重ねることで成果がでますが、恋愛ばかりはそうもいきません。
これまでの恋人の数は何十人!といった経験の持ち主でも、振られた経験や、悲しい恋はしているはずです。
苦しい恋愛は、女性としてのキャリアをつむもの、私はそう信じていますけどね。
「振られたことないの」という女性がいたら、おそらく恋愛偏差値は25以下だと思いますよ。

kyoko