ブログBlog

ブログ|名作

瀬戸内寂聴のお説法でも、こう言っていた。
「最近、週刊誌を開けたらだいたい不倫の話が出てるでしょ。
もしも世の中に不倫がなかったら、世界の名作という文学は一つもなくなる」

小説も映画もいいけど、やっぱり不倫を歌った歌はすばらしいものが多い。
私が好きなのはテレサテン。

有名ですが、愛人。
この歌は、主人公が控えめなのが切なくていい。

あなたが好きだからそれでいい
一緒に街を歩けなくても
この部屋にいつも帰ってくれたら
私は待つ身の女でいい

巡り合い少し遅いだけ
何も言わずにいてね わかっているわ
心だけせめて残してくれたら
私は見送る女でいい

この歌が好きなんだけど、共感はできない。
私は自分の欲が出てしまって大人しく待てないタイプなんです。
「今どう思ってんの?!」って詰めてしまいます笑
物分かりが良くて、一番の理解者で愛してくれる大人な女ってかっこいい。
時が経てば、あるいは障害があろうと本当に好きな人が見つかったら私もこうなれるのでしょうか。

禁じられた愛の唄というアルバムをご存知ですか?
80~90年代の名曲揃い。
もちろん愛人も入ってます。おすすめです。