ブログBlog

コラム|恋愛依存なのか愛なのか

元彼女、元カレと復縁したいと願う女性は多いけれど、
その中には恋愛自体に依存している人もいます。
二人の関係を楽しむというより、常に自分が捨てられてしまわないかと気にしてしまうのが特徴のようです。
付き合いたては相手のことがよくわからないし、不安はつきものです。
でも、いつまでも疑心暗鬼でいるのはよくないですね。

・ちょっと連絡がこないからって浮気を疑う
・私のこと愛してる?って何度も聞く。
・GPSの取り付けを強要する、または内緒で設定する。
・つい、携帯や持ち物を探ってしまう
・相手を試すような言動をとってしまう。

こんなことが続いたら要注意です。
恋愛依存症に陥っている可能性がとても高い。
自分のことしか考えられない恋愛をすれば、相手を疲弊させてしまうことになり、最悪な結果を招いてしまいます。

そんなあなたを見て、すべて悟って温かく包んでくれる人はいるでしょうが、大半はそうではありません。
逃げられてしまうケースが非常に多いのです。
10代、20代ならまだ許されるのかもしれないけど、いつまでもこのような恋愛は続けてほしくないですね。
こういった恋愛依存が原因で別れてしまったカップル。
仮に復縁ができたとしても、一方が変わっていなければまた同じことを繰り返すだけです。
また、他の交際相手ができたとしても、同様のことがいえます。

恋愛依存症の原因は、育った環境のせいとか、親のせいとかいうけれど、
そこにも逃げないでほしい。
結局は自信のなさからくるもの。
ではどうやって自信をつければいいのか。
これは訓練しかないですね。
与えられるのではなくて、与えていくことから始めると意外と新しい発見がありますよ。
相手の嫌がるようなことをしない。
これを前提として、相手の喜ぶようなことをやってみる。
お金のかかることじゃなくていいし、毎日やらなくたっていいです。
今までの自分を違うことをするわけですから、発見は必ずあるはずです。
苦しくて、つらくて、どうしようもない感覚がいつまでも続いたときは、何かを変えないといけないサインです。
残念ながら「思う」だけでは何も変わらない世の中なので、行動しないといけません。
自分だけでは長続きしないときは家族や友人、誰かに宣言するのもいいですね。
恋愛の漠然とした悩みを聞いてもらうのではなく、「何をしてあげれるかな…」という相談を持ち掛けてみてはどうでしょう。
「自分、自分」で失敗が続いてしまう人。
考え方や見方を変えていけば、本当の自分にも本当の愛にも出会える気がしませんか?

Miyuki