ブログBlog

コラム|タラレバ男子

女探偵FのMiyukiです。

今の旬の「東京タラレバ娘」を読んで、観て、ハッとした人は多いはず。
我に返って「私、タラレバ言ってないかなぁ…」て冷やりとしたり。
私の中で「タラレバ娘」より気になってしまうのが、「タラレバ男子」。

あれ、タラレバ息子の方が正しい?
タラレバ男子の方がしっくりくるのでこっちでいきます。
まずは言っておきます。
復縁屋工作や別れさせ屋工作を希望される女性の相談者様の中に、「タラレバ男子復縁したい」「タラレバ男子と妻を別れさせたい」って人はいないのです。
それどころか、タラレバばかり言っていたら、彼女や奥さんに逃げられてしまうかもしれませんよ。
もっと言えば、絶対にモテません!
イタいのは女子だけじゃないってこと。

元カノとの復縁や妻との復縁などをお考えの男性、このコラムを見て、自分が「タラレバ」言っていないか、よーくチェックしてくださいね。

アラサー独身女のMiyukiがKey君並の毒舌で、よくいるタラレバ男子をご紹介します。
女子会のネタは自分達のタラレバ話で盛り上がるのではなく、タラレバ男子の悪口の方が多かったりします。

・「俺が本気出しタラすごいから。」というペテン師。
・「悪さばっかしてたことを後悔してる。もっと勉強してレバなあ。」という現実逃避男子。
・「あの上司さえいなけレバ、俺は絶対出世していた。」という落ちこぼれ。
・「俺だっタラもっとできるけどねえ」という上から目線。

「タラレバ」言っているのが女子だけだと思ったら大間違い。
なんなら、上記4つに関しては、女性より圧倒的に男性の方が使っているんです。

これが許されるのは…。本来はナシだけど、10代まではぎりぎりOKてことにします。
30代、40代で言ったらダメですよ。絶対に。

周囲から冷めた目で見られること間違いないでしょう…。
20代男性であれば、まだ巻き返せる!

復縁屋工作や別れさせ屋工作で愛する女性と元サヤになりたいってお考えの方は特に、
一度、自分のタラレバ度をチェックしてみましょう。
これなら無料で、自己改革が叶います。

タラレバ娘は視聴率は上り調子とのことです。
ハッとさせられる、現実的なご指摘がブームとなれば、世の中の活性化に繋がるはずです!
Key君はキーマンなのです。

「東京タラレバ娘」の影響で、タラレバや四の五の言わない人々が増えレバ、男女の距離はもっと接近するのではないかな?
という、タラレバを言ってみました。