ブログBlog

コラム|何も無いよりまし

■何もないよりはまし

「何もないよりはまし」“不倫”まては“セカンド”は、こうやってはじまることが多いかも知れない。
たしかに、恋愛無しの生活より、何かしらはあった方がいい。私もそう思う。
割り切った関係であれば、イーブンだし。
互いの都合のいいときだけ会えば、ウィンウィン。
仮に相手が本気になることがあれば、、、略奪愛も悪くないし。まあその時になってみないと分からない。
なんてブツブツと呪文を心で唱えている人も少なくないはず。
でも、そうはいかないのが男女の常。
そして、気付けばこんなことが頭をよぎってしまう

「彼が彼女と別れレバ。」「彼が奥さんと別れタラ。」

こうなってしまえば、それはもう話しは変わってきてしまう。
気付けば、私はいったいなんなんだろうと、自問自答を始めてしまうのだ。
自分の存在価値に悩み始めたら、イーブンとか、ウィンウィンとか言っている場合じゃない。
もうそれは完全に、不条理な恋愛に突入している証拠。
不倫やセカンドで傷つくのと、恋愛なしでタンパクに生活していくのはどっちがいいのだろうか。
何もないよりまし、と軽い気持ちではじまった恋愛も、苦しい思いをするのなら傷ついてしまえば、疑問である。

■本気になっても負けじゃない。

何が言いたいかというと“不倫”や“セカンド”だからといって、保険をはる必要はないということ。
その人の前で女性でありたいと思った時点で、それは恋愛だし。
どんなに強がっていても、ハマっていることには違わない。
自分はさっぱりキャラだと想い込んでいると、つじつまをあわせるのは結構大変。
そういう人ほど「遊ばれた。」「騙された。」「捨てられた」何て言うけど、
正直言って

これ、はっきり言ってブスのセリフ。

確かに調子のいいことをいう男性は多い。
しかし、それらに翻弄されても肌つやがよくなったりするのであれば、めっけもんだと私は思う。
タラレバ、タラレバ言っている時間があれば、傷ついてでも恋愛はするべき。
極上のイーブンでウィンウィンを求めたくなるって当たり前だから。
そうでもしないと女っぷりは上がらない。

復縁工作も、別れさせ工作も、大恋愛の証。
なんだかんだいって、恋愛体質の女性は色気があるもんだ。

kyoko