ブログBlog

コラム|高難度

恋愛に駆け引きはつきもの。

好意を寄せる相手と何の努力もぜずに付き合う事ができればいいが、そう簡単にはいかない。

また、草食系男子という言葉があるように、男性の方からアプローチしてくれる時代ではなくなった。

女でも駆け引きをしなければいけない場面があるのだ。

でも、駆け引きとは難しいもの。得意な人の方がきっと少ない。

第一印象は良かったのに、後々、嫌になった。

そう思ったり、思われたりした経験はあるはず。

女性と男性というだけで価値観が異なるように、人によって感じ方はさまざま。

こちらが良かれと思ってしていることが、相手にとっては不愉快だったりする。

相手の気持ちをよく理解していないと、逆効果になってしまうのだ。

現代では電話やメールより、圧倒的にラインでやり取りすることが多い。

相手のことを気に入ればラインを交換し、その後の展開へと繋げていくのがセオリー。

だが、ラインを交換した人数とやり取りが継続した人数が比例するのか。

「比例しない。」そう答える人の方がきっと多いはず。

第一印象が良くても、やり取りをしていく中で、嫌気がさすことはよくある。

・レスが遅い。

・連続で送ってこられるのがうっとおしい。

・何を伝えたいのかよく分からない。

・返信が冷たい。

・絵文字が嫌。

・すぐに返信しないと怒る。

・やり取りが楽しくない。

などなど。

どのような不満を抱えるかは人によってさまざま。

私の場合、ラインであまり絵文字を使わない。

スタンプも会話の締めくくりに、たまに使うくらい。

元々、携帯をガラケーからスマホに変えるのも遅く、基本的に連絡は電話が多かった。

また、探偵という職業柄、メールでやり取りすることが多く、普段から絵文字を使わないことも関係しているかもしれない。

もちろん、別れさせ屋や復縁屋工作では対象者に合わせて文面や絵文字を使い分けるが、プライベートでそこまで神経をすり減らさない。

そうすると、知り合って間もない人からは、「返信が冷たいよね。」とよく言われる。

自分に悪気はない。

しかし、絵文字やスタンプをよく使う人からすれば、冷たいと感じてしまう。

直接会話しないからこそ、本意が伝わりにくい。

便利ではあるが、ラインでの駆け引きは難易度が高いのかもしれない。

だが、意中の相手を落としたいなら、ラインで駆け引き上手になることは重要課題。

恋愛を成就させるためには、自分を偽ることも時には必要なのだ。

Akira