ブログBlog

コラム|有名女優に見る魔性

女としてなれるものならなってみたい。
この人と同じ事が出来るものならそうしてみたい。
そんな願望を女性に抱かせる女優さんが居ます。
それはT岡S紀です。
誰だか分かりますか?
そう。あのナイスバデイの40代半ばの魔性の女で有名な女優さんです。

彼女は普通にしているだけで自然と「駆け引き」をしている女性なのです。
×1で3人の子持ち。
それも上の2人の子供は90年代にトレンディ俳優として活躍した男性が父親です。
一番下の子供は別の男性の子供で事情は複雑ですが、それでもモテ続けています。
これぞ男が放っておかない女の代名詞ですね。
だって、ものすごいフェロモンなんですもの。
様々な恋愛を通じて恋多き女として培われたものなのでしょうね。

どうやら彼女は「距離感が近くて壁がない人」のようです。
意識する事なく「普通に出会った以上、この場が楽しかったらいいな」
というのが彼女の持論のようです。
近い距離感でじっと目を見て、そこに壁がなかったら男はもうメロメロですね。
しかもナイスバデイ。
このように自然にしている事がもう「駆け引き」ですね。
ただ相手の男性を見つめるだけで関係が成立してしまうのです。。
そこに指先が少し触れたら完全に堕ちてしまいますね。

考えてみたら、、私はまるでこの逆だったりします。
初対面の男性とは少し距離を置き壁を作り、なんと言っても貧相(笑)
これでは男性にモテる要素のない、ただのオバさんです。。。
ま、相手は女優さんなので同じ土俵に立つ事自体が無茶ぶりです。

やはり色気のある女性はそれだけで駆け引き上手。他に理由なんて要りませんね。
常に男性が途切れずに居る。そんな女性が身近に居ませんか?
そういう女性こそが身近なT岡S紀かもしれませんね。
そしてT岡さんは「相手の男が自分を100%嫌いでも好きにさせる」というのがモットーのようです。
いやぁ、、すごい自信ですねえ。。。
どうやってやるのかは謎ですが、それをやってのけてしまうんでしょうね。。。
やはり先ほど触れた色気で押し通すのみでしょうか。

これから季節は夏です。
ない人もある人も胸元の空いた大胆な服を着て見た目の「駆け引き」を楽しむのも1つかも。
男性が目のやり場に困って外した視線の先に回り込みアピールする、、
この類の事を実践して「騙されたフリ」と「騙したつもり」で夏を楽しみながら色気を増して女として楽しく生きていくのも
よしと思います。
主観になりますが夏は一番女っぷりが上がる季節だと思います。1年の間で一番短い時期につき大胆に楽しんで
T岡S紀のように生きてるだけで魔性の女になりグイグイ行きましょう!

Runa