ブログBlog

コラム|昼顔妻のルール

昼顔の映画化を記念して、齊藤工さんがこんなことを言っていました。

「『昼顔』というドラマの影響で、“不倫”というものの影響を世間に与えてしまった。映画化はその贖罪の意味もある。」

確かに、「昼顔」の影響で、“不倫”はトレンド化した印象があります。

不倫を取り入れるドラマは増えたし、芸能界のスキャンダルも専ら“不倫”でしたからね。

でも、私達への不倫に関する相談や依頼件数はあまり変わっていないのです。

 

不倫はいつだってリスクのあること。

トラブルを招かないように、秘め事として行うのがルールです。

誰かに話したり、周囲に知られてしまえば、必ず邪魔は入ってきます。

そうなってしまえば、私達別れさせ屋が出動することになるのです。

不倫を楽しみたいのであれば、それなりの覚悟が必要です。

以下、エフからみた昼顔妻のルールです。

 

昼顔妻たちへ。

・家事はそつなくこなし、家庭内に隙を作らないこと。

・自分の家庭は大切にすること。

・相手の家族のことを根掘り葉掘り聞かないこと。

・相手と夜や、休日を過ごしたいと思わないこと。

・相手に嘘をつかせないこと。

・月に二回以上会わず、ルーティンにしないこと。

・会う場所、待ち合わせ場所は毎回変えること。

・デートの日はデートで決める、メールやLINEでやりとりしないこと。

・SNSはしない、または普段から更新をしないこと。

・物を上げたり、貰ったりしないこと。

・物足りないことに慣れること。

・自分が昼顔妻であることを秘密にすること。

 

ざっと書き出したら、こんなにでてきました。

味気ない、こんなの恋愛じゃないと思われるかもしれませんが、昼顔妻をするなら、失敗は許されないのです。

敵は思っているより多いですよ。

抜かり無きよう、昼顔妻をしっかりやり通して下さい。

 

また、昼顔妻でいることに飽きてしまった時も要注意です。

一番トラブルが発生しやすいのは別れ際ですからね。

これは、恋愛全てに置いて言えることですが、交際相手は慎重に選ばないと失敗します。

交際中はいい人でも、別れ話から急に対応が変わる人はたくさんいるのです。

誠意を示した綺麗な別れを目指して下さい。

 

不倫に関して賛否両論ありますが、どういった形であれ、恋愛は大事です。

エフも恋愛する女性は応援しています。

 

でも、不倫を止めさせたい、現場を突き止めてほしいという依頼は、エフのところに毎日きます。

エフの対象者になってしまったら。。。

終わりですよ。

 

kyoko