ブログBlog

コラム|悲壮な恋愛

大ブームを巻き起こした2014年放送のドラマ
「昼顔~平日午後3時の恋人たち~」が映画となって帰ってきました。
ドラマ版は私もリアルタイムで夢中になっていました。
映画は紗和と裕一郎が離れた3年後が舞台。忘れたはずの恋が再び動き出す…
紗和と裕一郎の禁断の愛はどうなるのか。
衝撃的な結末でしたが、映画を見ていない方のためにもここでは書かないでおきますね。

ドラマや劇中で紗和と裕一郎は許されない関係にも関わらず、お互い強く惹かれ合います。
不倫という壁をなかなか乗り越えられず、苦しみながらも愛し合う二人。
そんな二人に立ちはだかるのは裕一郎の妻・乃里子です。
乃里子が二人に対して怒り狂う姿は印象的でしたよね。
紗和と裕一郎の幸せを願うファンからすれば、乃里子は嫌な女に見えてしまうかもしれません。
しかし、実際に最愛の人に裏切られてもそう思えるのか。
当事者になったとき、乃里子のようにヒステリーを起こしてしまうのは当然のことではないでしょうか。

夫の裏切りを知ったとき、怒りが沸き起こるのか、それとも悲しみが込みあがてくるのか。離婚するのか否か。
どのような理由から、どう判断するのか、人によって異なりますが、乃里子の場合は怒りが勝り、離婚は拒否。
乃里子もまた紗和と同じように裕一郎のことを想っているからの行動です。

不倫にも様々な形がありますが、される妻側からすると、紗和と裕一郎のような不倫が一番残酷でしょう。
とくに浮気の事実を知ったとしても、夫に対しての愛情が消えない方は尚更です。
お酒の勢いで、むしゃくしゃして、出来心から、ついつい浮気してしまった。
裏切られたことに変わりはありませんが、気持ちが動いていない分、まだ許せるかもしれません。
また、お互いに愛情が冷めていないのならば、夫婦関係を修復していくことは可能でしょう。
しかし、裕一郎のように紗和を想われてしまうと、関係修復は絶望的です。
劇中で紗和と裕一郎は再会してから乃里子に知られるまでの間、肉体関係は持っていません。
ですが、肉体関係で裏切られるよりも、気持ちを奪われた方が深く傷つくのです。
いくら妻という優位な立場にあっても、夫の気持ちが離れていれば、満たされることはありません。

不倫はする側もされる側も苦しむ恋愛です。
不倫をしない、されないのが一番ですが、悲劇に見舞われないとは言い切れません。
苦境に立たされたとき、苦しみながら恋愛を続けるよりも、その状況を変えてみることを考えてみませんか。
女探偵Fはどちらの立場のお悩みでも、解決する術を知っています。

Akira