ブログBlog

コラムlタブーと妙薬

現在、絶賛公開中の「昼顔」皆様はご覧になられたでしょうか?

もうすっかり社会現象ですねぇ。。。

あの上戸彩ちゃんが不倫妻の役。。ハマるのだろうか?だって彼女が10代前半から観ていて
私の中のイメージには「不倫」というワードは存在しなかったのでコレはまたどうなることやら。。
と思いましたが予想に反しドラマは大ヒットしました。
私はドラマの中で吉瀬美智子さん演じる利佳子に注目していました。
女の目から見ても惚れ惚れするくらい色っぽくて彼女と不倫できる男はもうウハウハですねと思いましたから。
私が男だったら彼女みたいな女性と不倫でもなんでもいいから一度寝てみたいと思ってしまいます。
個人的には不倫妻の役が似合うのは吉瀬さんのほうと思ってますが今回の映画版には出演していませんねぇ。。
利佳子は非道徳でも何故か愛される女。。理想的な悪女ですね。

探偵として調査で不倫カップルを追うことがよくあるので、この昼顔のストーリーの中で乃里子が紗和と北野に
探偵をつければ面白いのにと思ってしまったりです。
世間的には許される行為ではないのにドラマや映画の主役が不倫していると二人を応援したくなってしまうので
それもまた不思議です。
それに何故か許されない事ほど人は燃え上がるもので「タブー」が「媚薬」に変わるものなのです。
そう。全て自分達のいいように解釈して正当化するのです。
まぁそれで私達、探偵の仕事が成り立っている部分があるのは否めないので非難を覚悟で私はそれもよしと思うのですよ。
燃え上がって、、燃え尽きた後は果たして地獄なのかどうかのその答えは分かりませんが、それぞれが何らかの答えを出し
結末を向かえていくこととなるのです。
ドラマにしても映画にしても「昼顔」の結末はハッピーエンドではありません。「不倫の代償は大きい」まさしくそれなのですね。
ある意味、命がけの恋愛なんですね。

ところで「昼顔」というタイトルを生み出したのは何処かご存じでしょうか?
知らない人が意外と多いかもと思いますがフジテレビ系列の番組でバナナマンの設楽さんがMCを務める
「ノンストップ」なのです。
番組のコーナーで夫以外の男性と恋をする「平日昼顔妻」で不倫妻について特集し、討論したのが始まりなのです。
視聴者で実際に不倫している妻からの投稿をもとに出演者がコメントするという内容なのですが、その中でも
カンニングの竹山さんが、あのキレキャラで「必死で夫が働いてる時にこんな事して夫をないがしろにしてる女は何なんだ!」
と世の夫の気持ちを代弁していました。いやぁ竹山さんいいキャラしてる!と思いました。
今では「ノンストップ」ではこのコーナーはやってませんが個人的には復活させて欲しいものです。

私達探偵はテレビや映画ではない実際の「昼顔妻」を目の当たりにします。
彼女達は探偵に見られているとは知らず、いつもにように相手の男性と過ごしています。
一歩違えばこの私も「昼顔妻」となっていたのかも知れません。
女なら誰しもその要素を持ち合わせているのだと思います。タブーの香りがしたら口に媚薬を含み相手にそれを口移しをする、、、

「次はあなたが調査のターゲットです」コレをよーく覚えておいて下さい。。。

Runa