彼とよりを戻したい。Reuniting

女探偵が教える、復縁屋に依頼する前に、守ってほしい条件。

女探偵が教える、復縁屋に依頼する前に、守ってほしい条件。

「彼の優しさに甘え過ぎていた。」
「自分のことしか考えていなかった。」
「失って初めて彼の大切さに気付いた。」
元彼とよりを戻したいと願う女性達の言葉。
どうしたらよりを戻せるのか、そう考えたとき、皆さんが一番最初にやってしまうこと。
「悪いところは直すから」
そういって元彼にすがってしまうのです。
自分のいけないところを直せば、復縁は叶うのではないか。
優しかった元彼だから、きっともう一度私の話を聞いてくれるはず。
このような期待をしてしまう人が多いんですね。

しかし、付き合っていたときと今とは違います。
カップルは別れてしまえばただの他人。
付き合っていたころに受け入れてもらえていたことが、この期に及んでは通用しないのです。

もし、別れの原因を作った張本人があなたであれば、いくら反省の弁を述べても説得力はありません。
すがったり、困らせたりして接することは復縁を目指す上で、逆効果なんです。
元彼からしたら、「また同じこと言ってるよ、やっぱりあいつは変わっていない」って受け取ってしまいますよね。
元彼に復縁の思いがない限り、その言動は「一方的」「自分勝手」と見られてしまうということです。
私たち女探偵は同じ女性として、あなたの気持ちはよく分かるし、似たような経験をしたこともあります。そして今は復縁屋として数多くの案件に携わり、男女関係における「失敗」を何度も目にしてきました。
ですから、これまでの経験をもとに、一歩引いた立場から意見をお伝えしたいのです。

復縁屋工作を行って、願いを叶えてきたいのであれば、まずが元彼の立場になって考えることが大切。
そして元彼との関係を今以上悪化させないことです。
要するに、いったん距離を置くことが重要ということです。
それでは何も進まないのでは?と思ってしまうかもしれません。
確かにそうなんです。
そこで、第三者である、私たち復縁屋が登場するというわけです。

冷却期間の限界

冷却期間の限界

復縁にとって大切なのは、動き出すタイミングと復縁したい相手の本心を知ることです。
冷却期間、それを何ヶ月も設ければ、元彼に新しい彼女ができてしまうかもしれませんよね。
ではどのくらいじっとしていればいいのか?実はそれって私たちでもわかりません。
それを知っているのは元彼であって、本人に直接聞いていくしか道はないということです。
そして、これが復縁屋工作のメインの部分。
まずは復縁屋の工作員が元彼に近づいて友達になります。
元彼が何を考え、何を嫌がっていたのか、別れの理由はなんだったのか。こういったことを聞き出していくんです。
その際、あなたにとって耳の痛い話も出てくるかもしれません。
でも、これが一番重要なところ。間接的に元彼の本心を知ることで、復縁屋工作の解決策を見つけだせるかもしれないのです。
また、彼があなたに対して何か誤解していることがあるのなら、工作員はそれをフォローしていきます。
第三者があなたを肯定することで、元彼の中にある、あなたに対するネガティブな感情を少しづつ払拭していけるのです。
このような地ならしを行った上で、元彼に再び連絡を取った方がいいのでは?と促したり、場合によっては依頼者様にアクションを起こすべくタイミングをお伝えしたりします。
このあたりは私たち女探偵としっかりと話し合いながら作戦を練っていきましょう。
冷却期間を置きながら、元彼に復縁屋の工作員というスパイを送り込む。
これが復縁への一番の近道なんですよね。