離婚した夫とよりを戻したい 。Reuniting

もう一度あの頃に戻りたい

もう一度あの頃に戻りたい

「女性は気持ちの切り替えが早い。」とは、良く聞く言葉ですよね。
しかし、これがすべての女性に当てはまるわけではありません。
実は、「離婚した夫と復縁したい」というご相談は復縁屋工作を担う、私たち女探偵宛に数多く寄せられているのです。
離婚に至った経緯は人によって様々ですが、その中でもよくある理由は次の通り。
「育児に追われている間に夫が不倫するようになった。」
「夫の両親とうまくいかなかった。」
「夫とのすれ違いの生活から、喧嘩が絶えなくなってしまった。」など。
元夫とよりを戻したいと望む女性の多くは、そのときの苦しさから逃れるために離婚の道を選んでしまった、と話されます。結婚生活で生じたストレスから開放されたい、夫との将来に不安を覚えてしまった。
このような理由から離婚に踏み切ったものの、やっぱり一番頼りになるのは元夫だったと気付くのです。
しかし、夫婦の復縁への道はそう簡単ではありません。わけあって離婚したのですからね。
今さら再婚を望むなんて、身勝手な真似はできないと悩みを抱える方もいれば、元夫に気持ちを伝えてみたが、はね返されてしまったと途方にくれている方もいます。
でも、一度決断したことを覆したっていいんです。自分の弱さを知って強くなるものですからね。
このあたりの心情は、女探偵だからこそ、共感できるものがあります。

第三者、復縁屋の力を借りる

第三者、復縁屋の力を借りる

「今のまま夫婦に戻ったところで、また同じことを繰り返すだけで、結局何も変わらないのではないか。」
夫の立場にたってみれば、このような思いがあるかもしれませんよね。
復縁屋工作は、そんな夫の気持ちを探ることからスタートします。
第三者が夫の本音を聞いて、初めて、本当に改善するべき問題点が見つかります。
それを受けて、依頼者様は自己改善を目指す。私たちは夫に対して復縁の後押しを行う。
このようにして復縁屋工作は二人三脚で進めていくのです。

のんびりとはしていられない、元夫との復縁工作

のんびりとはしていられない、元夫との復縁工作

元夫と別れてからどれくらいの月日が経ちましたか?復縁を望むなら、早い段階で動き出した方が良いでしょう。
なぜなら、男性は安定を求める生き物だから。
一度結婚生活を味わった男性なら特にそうです。
さらに家事全般を妻にしてもらっていた夫であれば、なおさら独りの生活を寂しく感じてしまうものです。
このように、夫婦、家族で過ごした当時のぬくもりを忘れられないことから、男性の再婚率は女性よりも2割以上高いといわれています。
急がなければ、離婚後に付き合った女性とそのままゴールインしてしまう可能性があります。
逆に、元夫が未だフリーであれば、復縁屋工作を行う上で、元妻の有り難みを再婚のメリットとして、思い出させていくのもアリでしょう。
私達女探偵は、女心のプロフェッショナルだけど、男心は分かるのか??と心配していませんか?
私達は、元妻との復縁に悩む男性からも依頼を受けているので、再婚したくなる男心の壺を心得ている復縁屋です。