ブログBlog

コラム|婚活の注意点

●結婚相談所や婚活アプリでの出会いが急増中

結婚氷河期というものは就職氷河期の後にきたらしい。
就職難の影響から、職場恋愛の数が圧倒的に減ってしまったため、必然的に結婚氷河期になったとか。
結婚氷河期。それとセットで耳にするようになったのが「婚活」という言葉。
テレビをつければ、雑誌を開けば、目に入ってくる「婚活」の二文字。
婚活対象者はアラフォーというイメージがありますが、女探偵への問い合わせを見ていると、もっと若い層も婚活に積極的な印象です。
街コン、お見合いパーティー、婚活サイト、SNS、アプリ、結婚情報サービス。
こういったツールを利用して出会いを求め、行動する人が爆発的に増えている。
復縁屋の間でも、「婚活」はまさにトレンド。
相談者様の出会いのきっかけとなったのが、お見合いパーティーや、結婚相談所だったという話が尽きないです。
女探偵に相談してくるということは、本気で恋愛している証ですよね。
その人でないといけない。その人意外考えられない。もうこんな人と巡り合うことはない。
だからこそ、復縁工作を考えるのだと思います。

●手軽に出会えるその裏側

日常で出会いが無くても、結婚相談所などで運命の人に出会えるということ!
でも、注意点も必要。
マッチングして、何度か会って、お互いに気が合ったものの、その先にトラブルも起こりやすいようです。
年齢、年収、職業、結婚歴を偽っていたり、お互いの素性が不明な部分もあることがその原因といえるでしょう。
せっかく、フィーリングが合っても、ちょっとした嘘が取り返しのつかないことになってしまうので、怖いです。
よく知らない相手であれば、「ちょっと違うな…」って感じれば、すぐに逃げ出すこともできますよね。
また、お見合いパーティーで出会った人と復縁したい。とご相談に来られても、肝心な相手の住所が分からない、なんてことも多々あるのです。
復縁工作を行って、なんとか相手を突きとめることができたのに、いざ行動調査をしてみると、たくさんの嘘が発覚した例もあります。
結婚詐欺師とまではいかないまでも、相手の素性を知ったことで、気持ちが冷め、工作を断念される方もいました。
手軽に出会える裏側には、こういったメリット・デメリットがあるもの。
でも、理想の相手に巡り会えるのでは?という期待値は高いですよね。
不規則、不定休な生活を送り、出会いのない私達女探偵も、希望条件を出して相手を選べる結婚相談所など、実は興味津々なのです。