ブログBlog

コラム|婚活は生活の中に

婚活。
良いお年頃になると逃げられないテーマになってきますよね。
アラサーの私も、”彼氏を探す=婚活”といつのまにか言い換えていることに気付いた。

『良い歳になれば自然と結婚するもの』
昔は思ってたけど、そうではないことを身を持って知った。

『お見合いっておばあちゃん世代のもの』
婚活、出会いアプリ、結婚相談所という言葉に変わったけどお見合いに近いものは存在してる。

私を始め私の周りの人は、出会いにアナログな人が多い。
確かにネットなど気軽な婚活が増えてきたけど、そういう人も少なからずいると思う。
相席屋、婚活パーティー、出会いバー。
挑戦したけど、店を出て速攻LINEブロック。
「いい人いなかったねー」と言い合いながら、分かってる。こういう出会いで自分は出会えない。
口では婚活というが、どこかで抵抗してる自分がいる。
まあそういう性分なんだからしょうがない。

今までは学校生活や職場で自然に仲良くなって好きになってきた。
だんだんと独身が減り、自分のコミュニティの中で恋愛ができなくなった。
そうなると、元彼とずるずる会ったり、ドラマにもあった干物女だったり、不倫相手になってるのが現状。

そういう人の婚活はどうするか。
普段の生活の中で婚活をする。
できるだけ自然に出会える場に行くのだ。
友達の結婚式、同窓会、友達主催の飲み会。なんでもいい。

そういうタイプ出身の婚活の成功者。
その方法はダントツで”元カレとの復縁”だった。
もともと知っている仲だからこそ、トントン拍子に進むらしい。
しかも、結構昔の相手なのがミソっぽい。
高校時代の。。昔のバイト先で。。など、久しぶりに会うのが良いらしい。
なので、本人がいなくても共通の知り合いには会っとくべし。

ということで、それを聞いた独身チームは片っ端からイベントに参戦する。
一見今までと変わらないかもしれない。

「やさしい」「顔がタイプ」「一緒にいると楽しい」
今まではこれ。変わったのは男性を見る目線。

「安定してる」「悪い趣味なし」「良い夫・父親になりそう」
こうして一生のパートナーとして適している人を理性で判断している。
昔だったら圏外の男性も、婚活目線だと変わってきたりする。

もちろん、自然に好きになり、その先に結婚があれば良いと思う。
でも、結婚生活から逆算して相手を選び、それからゆっくり好きになるのも良いと思った。
婚活というのは目線が変わることで、その先の効率を良くしているのだ。

出会いにアナログな仲間のみなさん、肩の力抜いて外にでかけましょう。
焦って変なのを捕まえないように!

Saki