彼氏と別れたいBreakup

別れを切り出すのが怖い理由

別れを切り出すのが怖い理由

「彼氏と別れたい」そう思っても、訳あって、自ら別れを切り出せない女性はたくさんいます。そして、私たち女探偵に次のような悩みを打ち明けてくれます。
・私が離れてしまったら、彼は一人でやっていけるのだろうか。
・もともと好きで付き合ったのだから、お互いのためにもう少しだけ歩み寄ってみよう。もしかしたら私に非があるのかもしれないし。
・彼氏が一切別れ話を聞いてくれない。
彼氏に対しての心配、別れを切り出すことへの罪悪感、彼氏が別れに同意してくれないなど、別れさせ屋に寄せられる理由は様々。
別れたいと思っても、少しでも別れの言葉を間違えてしまえば、思わぬトラブルに発展する場合もあります。
男性は自分の思い通りにならないことがあると、感情的になって気持ちを抑えきれなくなる傾向があるのです。
別れを切り出されたことで激情し、暴力を振るってくるかもしれません。
運良く別れられたとしても、ストーカーやリベンジポルノの被害者となってしまう可能性もあります。
弱い立場である女性は、彼氏に別れを告げる=上記のような問題といつも隣り合わせということなのです。
特に、交際中の彼氏の言動から、そのような一面を見たり、感じたりしてしまえば、怖くて自分から別れを切り出すことなんてできませんよね…。
私たち女探偵は、身勝手な男性が大嫌い。だからといって、真っ向勝負して問題を解決できるわけではないのです。
もどかしさはありますが、デリケートなことだからこそ、慎重に取り組む必要があるのです。彼に悟られることなく、彼から自発的に別れを決めるように促す。それが別れさせ屋工作です。

新しい恋に進みたい!

新しい恋に進みたい!

彼氏以外の男性を好きになってしまった。これが別れの原因という方も多いですね。
そして、そのことを彼氏に知られてしまったり、伝えてしまった場合、とても面倒なことになる可能性があります。
「自分の彼女を奪われた」と彼氏は考えてしまうでしょう。
男らしくすんなり別れを受け入れるっていう男性は数少ない…。
そして自分たちだけ幸せになるのは許せないとか、他の男に負けてたまるかという思いから、余計にあなたに対して執着してしまうのです。
さらに、屈折した考えの持ち主であれば、新しい彼氏に対しても攻撃してくるおそれもあります。
学校や職場、また何かのコミュニティが一緒であれば、事態は最悪。
交遊関係や仕事への支障は免れません。
「別れた方が面倒になるのであれば、我慢して交際を続けた方がましかもしれない。」
こう考えてしまうのは女性の防衛本能です。
しかし、人間ですから、限界というものがあります。
別れさせ屋工作で、彼氏から自発的に別れを切り出させることができれば、依頼者様のストレスも最小限に抑えられるでしょう。
そして、彼氏と円満に別れ、新しい別の人生を歩むことができるのです。
辛いときだからこそ、一歩踏み出す価値がある。
それが女探偵の考えです。