夫と離婚したいBreakup

別れたい理由の第一位、「性格の不一致」

別れたい理由の第一位、「性格の不一致」

別れさせ屋に寄せられる、夫と離婚したい理由の第一位は、性格の不一致。
友達のように仲良く暮らしてきたけど…家事のこと、金銭感覚、夫の身勝手な行動、思いやりのなさ、モラハラ、こういったことに限界を感じている人は少なくありません。
妻の方から何度か歩み寄ってみたものの、夫に改善の余地はなし。
怒鳴り合いの言い争いができるならまだいいのかもしれません。
些細なことで冷戦状態となり、結果何も解決せずって夫婦の方が意外と多いのです。
そんな夫とこの先も暮らしていかなければならないなんて、相当なストレスですよね。
「早く別れて自由になりたい」「あの夫と一緒にいるくらいなら死んだほうがまし」という奥さんの悩みが女探偵に届きます。

法律上、性格の不一致は離婚事由の一つとして挙げられていますが、残念ながら、これでは弱いのです。
法的に離婚を主張して、それが認められたとしても、数年がかりの戦いになるでしょう。
5年で離婚できればいいほうです…。
私たち女探偵メンバーの中にも離婚経験者はいますが、その彼女も性格の不一致から離婚を決意したのです。
それを理由に別れを切り出したところ、マイナスに作用し、相当苦労していました。
夫が自分の非を認めることはなく、それどころか、妻の方に原因があるといって責め立ててきたのです。
不倫相手がいるのではないかとか、別の理由も探し始めたそうですよ。
このように、「離婚したいんだけど」このワードを発した瞬間、夫が意地になってしまって、余計に事が複雑化してしまうケースはたくさんありました。

別れたい理由の第二位、「他に好きな人ができた」

別れたい理由の第二位、「他に好きな人ができた」

夫を嫌いになったわけではないが、それ以上に愛する男性に出会ってしまったという方もいれば、先述のように、性格の不一致に耐え切れず、不倫に至ったという方もいます。そして頭をよぎる、「離婚」の二文字。
まだ先の長い人生、合わない夫とは早々に別れて、愛する人と共に歩んでいきたいですよね。いっそ、不倫がバレて、愛想尽かされて、夫から離婚を切り出してくれればラクなのに…。むしろ、夫も不倫相手を作ってくれればラッキーなのに。
こういった本音、女探偵には気兼ねなく話してくださいね。
でも、これだけは気をつけてください。当たり前のことですが、あなたの、不倫が見つかったら最後、主導権は夫のものです。
それこそ、意固地になり、敢えて離婚に応じてくれないケースの方が多いです。
「妻の好きなようにさせてたまるか」男の意地やプライドから嫌がらせにも似た態度に変わるかもしれません。
夫と別れたいと思ったら、感情に任せて動くのは危険です。

別れさせ屋工作でできること。まずは夫に工作員を近付けます。
女性工作員を近づけ、それをきっかけとして離婚を有利に進めていくか、夫に別の道を認識させつつ、自発的に離婚を決意させるか、このどちらかで進めることになります。
既に妻から夫に離婚を切り出していて、それでも応じてくれない場合。
「なぜ離婚に同意しないのか」別れさせ屋工作によって、最初にこの部分を知ることで、別れさせの解決策が見出だせるのです。